2010年01月23日

法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)

 全国74の法科大学院のうち14校について、文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」の法科大学院特別委員会ワーキンググループは22日、教育の内容などに問題があるとする調査結果をまとめた。

 調査結果は同日午後の特別委で報告され、特別委は、これらの大学院に補助金削減も視野に改善を求めていく。

 同グループは、法科大学院74校が教育内容などの改善に取り組んでいるかを確認するための調査を実施。新司法試験の合格者数が著しく少ない学校など40校を選んで聞き取り調査を行い、うち26校については実地調査も行った。

 その結果、14校について入試の競争倍率が低いのに競争性を高める意識が足りないことや、授業内容の質向上に向けた取り組みが不十分な点などを指摘した。問題点を指摘される14校は次の通り。

          ◇

 静岡大、香川大、鹿児島大、東北学院大、大東文化大、東海大、東洋大、日本大、愛知学院大、京都産業大、大阪学院大、神戸学院大、姫路独協大、久留米大。

遺体、不明の元社長と確認=栃木の井戸で発見−鹿児島県警(時事通信)
久保が先勝=将棋王将戦(時事通信)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<高見順賞>岡井隆さんと岸田将幸さんに(毎日新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
posted by フルヤマ テルオ at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

「財宝発掘」ファンド業者に処分勧告=出資金ずさん管理−監視委(時事通信)

 証券取引等監視委員会は20日、世界の沈没船から財宝を発掘する事業に投資するとの触れ込みでファンドを運営する「RST」(東京)の出資金管理に不備があるとして、金融商品取引法に基づく行政処分を行うよう金融庁に勧告した。
 監視委によると、同社は2007年3月から08年7月ごろ、沈没船引き揚げ事業に投資する「サルベージファンド」を販売。顧客400人から約8億円を集めたが、前社長の経費として処理するなど、半分以上が使途不明になっている。 

【関連ニュース】
相場操縦容疑、会社役員を再逮捕=数億円の資金提供か
カジノ構想「興味ある」=沖縄知事
金融庁職員、東証に出向=亀井担当相が表明
韓国外換銀に一部業務停止命令=大阪支店の違法行為を放置
朝日火災とヤマト運輸に行政処分=運送保険を違法募集

政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)
東京都の「派遣村」終了、再就職は十数人(読売新聞)
間寛平さん、前立腺がんに=「世界一周は続ける」(時事通信)
posted by フルヤマ テルオ at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)

 衆院予算委員会は21日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し、第2次補正予算案の基本的質疑を始めた。午後には自民党の谷垣禎一総裁が質問に立ち、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件や鳩山首相の偽装献金など「政治とカネ」問題を中心に追及する。政権交代後、鳩山首相と谷垣氏の党首討論は行われておらず、委員会質疑では初の「直接対決」となる。

 鳩山首相は午前の答弁で「『政権交代してもまたお金の問題か』と国民の疑いがかけられてしまうのは遺憾。各党各派の協力をいただき、二度と起きないよう努力したい」と述べた。松原仁氏(民主)の質問に答えた。【野原大輔】

【関連ニュース】
自民・谷垣総裁:民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判
谷垣総裁:「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る
自民党:谷垣総裁が元首相3人に新年あいさつ 助言受ける
谷垣自民総裁:伊勢神宮を参拝「現政権の問題点追及」
谷垣・自民党総裁:消費税言及なし 政府姿勢を批判

「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表(産経新聞)
2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要−公明政調会長(時事通信)
<重要民俗文化財>沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征(産経新聞)
速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)
posted by フルヤマ テルオ at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。