2010年05月19日

CO混入? 2人中毒症状=調理場、鮮魚ケースから検出―東京(時事通信)

 東京都江戸川区松江のスーパー「マルエツ松江店」で12日、パート従業員の女性2人が一酸化炭素(CO)中毒になる事故があり、調理場にあった鮮魚のケースからCOが検出されていたことが13日、警視庁小松川署などへの取材で分かった。
 COには鮮魚の色落ちを防ぐ効果があるが、食品衛生法で禁じられている。同署はCOが混入された可能性もあるとみて、流通ルートなどを慎重に調べている。
 同署などによると、12日正午すぎ、従業員の女性(71)が鮮魚の調理場で倒れて病院に搬送され、同僚女性(57)も不調を訴えた。いずれも軽症だった。 

【関連ニュース】
疾病牛の肝臓を販売=無許可卸売業者ら逮捕
パロマ元社長らに有罪=「死傷発生の予見可能」
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張
廃棄とんかつ、かつ重に転用販売=食品衛生法違反の疑い
重体の女性が死亡=東京・足立のアパート放火

偽装結婚関与の県職員、パブ売上金一部受け取る(読売新聞)
桟橋方式の撤回求める=市民団体(時事通信)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
全日空商事元社員を逮捕=架空取引で9000万円詐取容疑−警視庁(時事通信)
雑記帳 「お隠れバーガー」で姫路城の観光客減ストップを(毎日新聞)
posted by フルヤマ テルオ at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。